GWフライフィッシング第2弾 信州1日目

さて前回から1日空けて、信州の渓流へ
お泊り釣行へ。

特に目立った渋滞にも会わずに、9時ごろ入渓
結構風があり、寒い。

でも、お日様があたり、歩いてると
ちょうど良い、そんな感じです。

毎年渓相が変わるところですが、全体的に
砂利が多くなって着き場が少なくなったかなぁ。

16番ソラックスダンを選択し、スタート。

10分後には何気ない流れから

170502_003.jpg

7寸弱位かな、ヤマトイワナさん。

行けるか、今日は!

と思いきや、続かないんだよな~(笑)。

しばらく間が空いてから

こんなポイントから神経質に出たのは

170502_001.jpg

ちょっと恨めし顔の・・・

170502_002.jpg

この渓のイワナはサイズの割にぐいぐい引くので
ランディングしてあれ?って思うことが多いです。(笑)

170502_000.jpg

ここで、よいサイズを痛恨のバラシをして、
慰めるかのように
時々5寸くらいのかわいいサイズが数匹遊んでくれて

170502_004.jpg

強風が吹き始め、フライが落ちないなか着水した瞬間に出た。
良い色のヤマトイワナさん。

170502_005.jpg

フライに4回出てくれた(一発で決めろ~、俺。(笑))
今回最大の8寸ちょい越えかなも飛び出し

170502_006.jpg

またちょっと良いサイズも出て

170502_007.jpg

期待が膨らみますが、新しい足跡の後は、まったく反応なしで
気力がタイムアップ。

久々にツ抜けできて、きれいなイワナさんに会えて
心地よい一日。
もう1本他の渓流をみて30分ほど流しますが
無反応だったので
本日は、これにて納竿。

明日は
シーズン初のよっしぃーさんと合流です。
早々に宿にて眠りにつきました。

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング イワナ

GWフライフィッシング 丹沢の渓流

遅くなりましたが、GW釣行のことを。

なんとか腰の痛みもやわらいで、リハビリもかねて
ゴールデンウィークの前哨の日曜日。
丹沢の渓流へ。

いつもと変わらず適当な時間に入ったら
まあ人だらけですわ~、わかっていたけど・・・・。

ちょっと釣り上がると人、人人。

完封をくらうこと3渓流。
既に14時。

腰もまた痛みだすし、どうするかな~と考えて
最近行ってなかった渓に。

170430_000.jpg

30分ほど釣り上がるも反応はなく、あきらめながらちょっとした
流れにフライを流すと。

ぴちゃっと。(幻想かと思いました。)

やっとこさ

170430_001.jpg

かわいい私的レギュラーサイズのヤマメさん。
ありがたや。
ふう。

さてと、もう一つの流れのスジを狙ってみると

もあッと、そこから久々の重い引きを堪能し、

170430_002.jpg

この渓初の尺かと思いきや、
少し足りない9寸越えのヤマメさん。ありがたい。
よくぞ釣られずに。 

喜びも束の間、また小1時間の無反応・・・。
さらに移動を決意し、最後の渓に。

170430_003.jpg

新しい足跡もあるし、厳しいかと思いきや。

ポツポツと反応があり

170430_004.jpg

パーマークがちょっと変わったヤマメさんとか

170430_005.jpg

まあサイズはともあれ。

170430_006.jpg

この後も同サイズがなんとか数匹遊んでくれました。

釣り終わると腰の痛みが・・・・(笑)

本日はこれにて納竿。



テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング ヤマメ 丹沢

2017解禁 丹沢の渓流

とりあえず丹沢の渓流で、解禁したものの…、
インフルエンザにかかり、副鼻腔炎にかかり、ぎっくり腰になり、
とまあ、いやな3月から4月上旬となっております(笑)。

まずは3月分の2回。
1か月前ですが・・・

◆3月19日

3月にしては暖かくなり、寒いのがだいの苦手の私には
好都合な日でした。

9時過ぎに入渓
水温は6度とやはり3月です。

昨年の大水ですっかり渓相が変わり、ヤマメの着き場が少なくなりました。
ついでにかなりの渇水です。

170319_001.jpg

管釣りにも行ってなかったので半年ぶりのキャスティングで
おぼつかない。

丁寧に流しているつもりでしたが、出る気配がなく、すでに午後。
解禁ボーズの文字がよぎります。

やっとこさ

170319_002.jpg

いつもながら私のレギュラーサイズのヤマメちゃん。お久しぶり。

あとはなんとか
珍しくライズをみつけて
170319_003.jpg

ちょっとサイズアップ。

お子様ヤマメに少し遊んでもらい
寒さに負けて納竿。


◆3月25日

数日前に雪が降り、気温も結構寒くて6度・・・。
嫌な感じです。

あいかわらずの渇水でというか、先週より少ないような。

170325_001.jpg

日差しも少なく、厳しい。
前回よりも反応は極端になく、厳しい。
あらためて、渓相の変化が激しく、よかった淵や底石も
なくなっている。 今シーズンは厳しいかなここ。

とネガティブなスタート。

キャス錬ばかりで心が折れ始めたころ

170325_003.jpg

何気ない流れからゆっくりと出てくれました。
うれしい。

この日はこれのみで納竿。

そして夜にぎっくり腰となり、立てなくなるくらい。
とはいえ2日休んで無理して仕事してたら
悪化していまだに痛くて最悪です。

無理はいけないな~、やはり。(泣)

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング ヤマメ 丹沢

2016年シーズンラスト釣行 アマゴとヤマメ

さて、遅くなりましたが今回はアマゴとヤマメの渓
17日と25日に行ってまいりました。
なんだか雨が多かったりで嫌な終盤です。

17日はのんびりと信州のアマゴの渓に
前日は涼しかったのに当日は残暑。
朝から暑い日でした。

10時ごろ入渓
前日の雨はあまり影響がなかったみたいです。
早速反応はありましたが、
1匹目はタイトルと反するイワナさん

160917_001.jpg

結構早い瀬から出ました。

5寸くらいのアマゴの猛攻にあいながらお昼を過ぎると
暑さもピークに。
日頃の疲れもあっていったん車に戻り久々にきちんと休憩を取り、
再開は15時からと。
あんまりないパターン(笑)。

少し区間を変えて釣り始めます。

160917_002.jpg

相変わらず、お子様アマゴにも時折

160917_003.jpg

7寸位ですが
サイズの割には引きました。

160917_005.jpg

大場所では8寸アマゴさん。

160917_004.jpg

このアマゴは巻きについていて、
胸鰭の大きさが印象深かったです。

さて、次の週の25日。
かなりの雨が先週から降り続き、土曜日もいまいち
ということで日曜に丹沢の渓流へ。

とある渓の中流域に入ろうと思いましたが
予想以上に増水していて、真っ白。

さらに上に行き9時ごろ入渓。
まあ中流よりはましな水量です。

いざ!

160925_003.jpg

とはいえ何故か今日は反応がなく、
直近で誰か釣り上がったようです。
竿抜けっぽいところに絞り

160925_001.jpg

なんとかヤマメさん参上。
あやうくラストでボーズかと思った(笑)。

その後お昼近くになって少しお子様ヤマメが遊んでくれて

160925_002.jpg

このヤマメさんで締めとなりました。

来期この渓流は下流から上流まで網羅
してみようと思っています。

今シーズン前半は渇水、後半は増水と極端なコンディションで
泣かされたな~。

一緒に釣行してくれた方、ブログを見ていただいた方
本シーズンもありがとうございました!。

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング ヤマメ アマゴ

憂鬱な南アルプスの渓流

さて、今シーズンも残すところ3週間あまり・・・。
なんだかブルーになりますな。

最近調子があまりあがらないですが、
南アルプスの渓流へ。

入渓点では珍しく2人だけ、が相変わらず
テント泊者2名あり・・・。

水量はやはり減水気味。
スレ気味を考慮して16番のソラックステレストリアルを
選択しいざ!

160910_001.jpg


って意気込んだけど、まったく反応がない、ライズもないし
走る魚影もない・・・。
もうこの区間は厳しいかも。
いつも9寸クラスが浮いてるポイントも何もない。

ないないづくしで午前中が過ぎていく・・・・。
帰るか~、いや、もうひと流しでとか言いつつ
悶々としながらやっとイワナさん。

160910_002.jpg

しかしスレ具合最高潮のた出方だったな~。

また、静かな時が過ぎてること小1時間

とあるポイントで浮いてる良型を発見。
慎重にキャストしなんとかフッキング
そしてランディングしようと浅瀬に誘導したときでした。
岩陰から何やら小さいものが飛び出しイワナに飛びつきます。

えっ!
なんと川ネズミさんが横取りに参上・・・(笑)
ネットに素早く取り込んでもまだ抱きつきひっぱてる。
仕方なく手を濡らしイワナを掴み引っ張ると
やっと退散。(笑)

でそれがこのイワナさん。

160910_003.jpg

泣尺です。
川ネズミさんはこの半分もない体長なのに小さい手で
むんずとつかんでいました。(写真撮りたかったな~)
ただ、食料を奪ってしまったような感じで
ちょっと悪い気が・・・。

その後もあまり状況は変わらず
この7寸ちょい越えサイズが数匹。

160910_004.jpg

意気消沈して脱渓。

さて、ちょっとドキっとした問題はここから

帰りの峠道を運転中に、右カーブの入り口ストレートで
何故か真正面からヘッドライトが!
経験したことない急ブレーキをかけながら
ガードレール寸前までハンドルを切ります。
対向車もギリで自分のレーンへ戻り
なんとか避けましたが、勘弁してくれ~! 

しばらく呆然としてから、
あっ
きっと川ネズミの呪いだと思い、
助かったのはイワナの恩返しだ。
と思うことに(笑)。

車の逆走だけはやめてほしい。
と思う今日この頃です。

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング イワナ

プロフィール

BLUE SWAN

Author:BLUE SWAN
フライフィッシングDAYSへ
ようこそ!

フライフィッシングでイワナや
ヤマメの釣行記を中心に掲載
しています。
神奈川県、山梨県、長野県の
フィールドへよく行きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック