メッカの渓流は早かったのか。

この日の天気予報では南ほど雨が
降るというこで、思い切って千曲川へ。

9時くらいに到着すると、曇ってはいるけど
思ったより寒くなく良い感じです。
水温は8度ちょい。

新しいテトラも増えたり、底石の状態も変化してるような
印象を受けます。
水量は少し多いような。
しかし、ここでは誰もいないのが気になるところ・・・。

ライズがあったら準備しようかなと、橋をいったりきたり。
ちらほら虫も出始めますが水面は静かなままです。

150404_001.jpg

数人の釣り人がやってきては、
キャストを始めますが、まったく反応が無いようです。
互いに情報を交換しますが、上下流まったく気配なしらしい。

あっという間に13時半になり、何しにきたんだっけ?(笑)
ここで支流に転進。

本流より人が多いです。
プール近くでぼーと見てると一度だけぴちゃっと小ライズ。
その後は沈黙。
さてはてどーするかと思案していると
害獣駆除の方がこられて、
「猟犬に追わせて、
このあたりに獲物が来そうなのだが、釣りますか?」
と丁寧に聞かれ
「いえ、僕はレジャーですしやらなくても良いです。
見物しても良いですか?」
と聞くとかまわないとのことで小1時間一緒にじっと待つ。

猟銃を見せてもらうとウィンチェスター社製のライフルで
レバーアクションのもの。かっこいいです。
鹿による木々の食害が深刻で、今から手を打たなければ
今後どうなるかわからないというお話を聞き、
山に密着した仕事をする方のリアルな情報は
考えさせられます。

とここで斜面を下ってくる影が見えましたが
猟犬が追ってきたのは鹿ではなくほかの小動物で
今回は失敗。 残念。

さて、なにしに来たんだっけ?(笑)

もう一度本流にもどり、再度ボーっと水面を
眺めてみる。こんなに我慢強く待つのは初めて(笑)。
時計は15時半を過ぎているが陽が時折さしてくる。
下手するとロッド振らずに帰るかと考えていると
なんとなくしっかりしたライズのようなものが見えて
そそくさと準備。

18番のソラックスダンを結びいざ。
小さな落ち込みの巻きに静かに浮かべます。

ふっとフライが消えて
久々の重い感触。良いサイズっぽい。

150404_002.jpg

ギリ尺イワナさんでした。ありがたい。

その8寸越えのイワナさんも釣れますが撮影時に逃亡・・・。

その後は虫のハッチも目立ったので
釣り上がるも、瀬や流れからは一切反応なし。
気配もないような。
150404_003.jpg

この日はこれにて撤収です。
もう少し季節が進んだらこようかな~。

スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング イワナ ヤマメ

コメント

あらら、調子いいねぇ。
憎たら…
いやいや、尺おめ!(ー。ー#)

げげ!!!
すごいっす。
僕も年券買って準備だけは万端^^;
今度、尺釣らせてください

re:よっしぃさん

ありがとうです~。
ただ、この時期でももっと魚の気配は
あったような気がして
ちょっと不安な千曲です。杞憂かな(笑)。

re:えふさん

恐縮です~。
場所はみんなで行くいつものポイントです。
今回はもうちょっと下流から見て周ったのですが
本当に何もなくてやっちゃったかな?と
あきらめ半分だったので幸運でした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

BLUE SWAN

Author:BLUE SWAN
フライフィッシングDAYSへ
ようこそ!

フライフィッシングでイワナや
ヤマメの釣行記を中心に掲載
しています。
神奈川県、山梨県、長野県の
フィールドへよく行きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック