スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年シーズンラスト釣行 木曽の渓流

今シーズンの最終土曜日。

野暮用をなんとかすませ、木曽の渓に着いたのは11時頃。
天気はよく晴れて少し暑いくらい。

以前一度だけ訪れたことがあった渓で、
その時は状況がよくなく途中であきらめたので
来シーズンのことも考え再訪。

今日は朝から、車の前を小動物(多分テンかイタチっぽい)が
前を通り、 猿の集団を見かけたりしていました。

さて斜面を慎重に降り、あらためて見てみると
両サイドの河原はせまく、
遡行するのが厳しい感じですが
雰囲気はよく、綺麗な渓流です。

140927_001.jpg

14番のソラックスダンをセレクトし、流しますが小さな
反応があるだけで、フッキングしない。

そこで16番に変更すると5寸くらいのアマゴさんがHIT。
数匹同サイズを追加してやっとこさ

140927_002.jpg

精悍な顔つきの8寸弱位のアマゴさん登場。

この頃急に空が曇り始め、肌寒くなったことを覚えています。
確か時間は12時30分位。
この時は何が起こっていたのか知らずに・・・。

ヘリコプターの音がよくするな~と思ってました。

結局、あとは5寸くらいのアマゴとイワナを数匹追加して、
遡行も川通しで大岩も多く疲れたので
本流に移動しようと15時くらいに脱渓。

橋の上から流れを眺めてみるとポツポツと
ライズがあるな~と。
さて、やってみるかなと準備をしようと思った矢先に

後方下から耳慣れない声と
なにやら草を掻き分ける音が・・・
で橋の下を見てみると

140927_003.jpg

あら~。 久々に会ってしまった。ツキノワグマさん。
ここでしばらくゴロゴロとしていました。
体長は1メートル30センチくらいかな。
先に発見したのでよかったです。

140927_004.jpg

木登りもお得意みたいです。

そして、降りてきてゆっくりと
こちらのほうにきて草なのかわかりませんか
何かをむしゃむしゃ。

そして・・・

140927_005.jpg

撮り過ぎたのか、スクッっと立って睨まれました。
距離は15メートルくらいかな。
すぐに車に乗れる体勢で観察しました。

その後これからやろうとした川の方へ一目散。
さすがに・・・ね。
というわけで、終了。

今シーズンフライを一緒に楽しんでいただいた方
ありがとうございました。
また来期もよろしくお願い致します。


さて
ここで、メールがきてることに気付き。

「御嶽山が噴火したけど大丈夫?」 とかいてある。

えっ?

地図であらためて確認すると
ここは御嶽山から直線距離で10km位・・・・・。

とりあえず離れることにして、車を走らせると
災害派遣のプレートをつけた自衛隊車両と行き違い
消防団の方がいたるところに立っています。

また、体中に灰をかぶった登山者の方も・・・。

そして現在も日にちがたつにつれ、被害の大きさと
凄まじさがわかってきています。

もし噴火が大きくて火砕流が自分のところに来ていたら・・・と。
あらためてフライフィッシングも自然の中にいて、
こういうことが起きることがあることを
肝に銘じた一日でした。

亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング アマゴ

南アルプスの渓流 秋の気配が濃厚です。

さて、本日は祝日。
次の日の疲労を考えると
行くかどうか迷っていました。
でも天気も上々っぽいし、
来週は行けないかもしれないし。
などと考え、来ちゃった南アの渓流。

入渓点では3名の方とバッティング。
お話しの上私は違うところから入渓することに。
すると、下から餌師の方2名が歩いてきている。
参ったな~と思っていたら、今日はぜんぜん駄目
ということでもう終わりだそうです。
いやな予感。

少し時間をおいて今回もソラックス16番にてスタート。
陽射しがあっても空気はひんやりです。
水温は12度位かな。

140923_001.jpg

一投目の小場所で反応はある。
なんとかなるかなと開きにフライを流してみると
魚体を現してアタックしてきました!。

続きを読む »

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング イワナ

南アルプスの渓流 早い秋を感じる寒さの中で

禁漁まで残り10日間となり寂しさも感じ始めました。
天気予報では曇りで、明日からは雨ということで
(結果的にはずれますが・・・)
南アルプスの渓流へWAKAさんと行ってまいりました。

さすがに終盤戦ということもあり、かなりの人です。
この渓での顔見知りの方も数名おり、
(静岡のIさん、Oさんいつも楽しいお話ありがとうございます,
ひろたんさんどうもでした)
入渓点で和やかに沢割りを済ませてGO!。

さて渓に着いてみると、うす曇も手伝って
かなり寒い~。
イワナも寒さを感じるのでしょうか?

140920_001.jpg

午前9時頃で水温14度、水量はさらに減水気味
気温は多分水温よりちょっと高い位かな。
寒がりなので参ります。

フライは16番のソラックス系をセレクトしていざ!

さて、WAKAさんに反応が少しあるけど、
中々フッキングせず。
ちょっと先に釣ってなんていわれて、
つい釣ったら、6寸イワナさんがHIT。

やはりその後にしばらく反応がない(笑)。

やはり同行者に先に釣ってもらうジンクスは健在か(笑)。

どうやら前回とは着き場が変わってきて出方もシビア。
遡上が始まっているような気がします。

しばらくして
ようやく7寸ちょいのイワナさん。

140920_002.jpg

浅瀬も丁寧にトレースしますが、厳しい。
見に来てUターン、フライをつついて帰るなんていうのは
当たり前の状況に。

140920_003.jpg

まあ、それでも2人にポツポツと6~7寸さんが釣れてくれます。

そんな中やっとこさ流れの中からゆっくり、もさっと
出てきてくれた。

140920_006.jpg

心おおらかな8寸越えのイワナさん。ありがたや~。

まあぽつぽつと
140920_004.jpg

ここのイワナは本当によく引くな~。
ワンサイズ上に感じることが多いです。(単なる妄想か)

終わりの時間が近くなりはじめて、ここぞという岩近く
のポイントで反応が出始めますが、フッキングしない。

140920_005.jpg

今回良く見ていたらは少し大きいのはフライに出るときに
顔を背けながら出るのことが多いような。
微妙なドラックとか警戒心がMAXなんだろうな~。
中々なサイズっぽいのはバラシまくり。

まあ、それでもなんとか

140920_007.jpg

浮いてきてパク~と静かに出てくれた9寸位のイワナさん。

渋いながらもなんだかんだで数としては
今日は20匹位は遊んでくれました。

本当にありがたいな~。
この渓が無駄な開発をされずに
このままの姿を残すことを
切に願う今日この頃です。

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング イワナ

甲信の渓流 2DAYS

3連休+天気予報も晴れ=フライフィッシング
という数式にのっとって、甲信の渓流へ単独にて
行ってまいりました。

まあ、行きは高速道路での早朝の事故渋滞に
はまり予定より1時間以上遅れ、嫌な出だしです。

初日は数年前の台風でかなり打撃を受けた渓流
ですが、偵察と様子見をかねて下流域から9時に入渓。

140913_001.jpg

釣りあがりながら、記憶違いかと思うほど荒れていて
かなり不安に・・・。すごい渇水してるし。
はじめの1時間は、まったくの反応なし。

それでもなんとか
砂と砂利で埋まったわずかな深みから

140913_002.jpg

6寸位でしょうか、イワナは付いておりました。
まあ時期もあると思いますが、
数年前はもっと反応があり楽しめたのにな~と。
照り付ける日差しの中さびしい気持ちに。

140913_003.jpg

ハイブリットと思われますがヤマトイワナの血を感じさせます。

細かいポイントにもフライをトレースし延々釣り上がりますが
時間だけが過ぎて、そろそろ帰りを考えるとな~と。
この日は下流域のみで終了としました。

次回は中、上流域からまた様子見したい思い出の渓流です。

明けて、2日目

場所を大きく移動し中央アルプスの渓流へ
大体年に1~2回は来るところですが、あまり
ためしたことが無かった区間を重点的にやってみました。

140914_001.jpg

綺麗なんだよな~、この色。
釣り人の足跡は珍しく無いのでかなり期待。

一投目から反応があり思わず頬がほころびます。(笑)
右岸の岩陰から

140914_002.jpg

8寸のイワナさん登場です・・・が、ヒレ等をみるとちょっと丸い。
放流されたばかりかな?

とはいえ魚が居るようなので気が楽に

ところが、ここから1級ポイントほど反応がなく厳しい状態に。

140914_003.jpg

しかしなぜかこのポイントでは

このクラスのお子様イワナが入れ食いで8匹と。
うれしいやら物足りないやら微妙(笑)

140914_004.jpg

その後も同じサイズを数匹追加して、一度脱渓。

さてここで突然ですが前日のイワナと比べてみると

140914_005.jpg

明らかに体色が違いますな~。

まあ置いといて、
さらに移動し、以前一度だけ行ったことのある
里川っぽいところのさらに上流へ。

入渓点を探し、30分ほどうろうろして、いざ!
とはじめること15分。

岸際の横たわった大木に足をかけると同時に

ブワーンという音が・・・。
数メートル先の地面に穴があり
そこから何かいっぱい出てきました。
即座に転げるように退却し、見ていると。

音の主は黒スズメバチ・・・・。
刺されはしなかったものの、
すっかり萎えて、本日は終了とあいなりました。

朝、夕はかなり冷え込むようになり秋の気配
が濃厚な2日間でした。

そして帰りも事故渋滞45キロ、6時間かかって
帰宅。

まあ、そんなもんか。と思う今日この頃です!


テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング イワナ 長野県

南アルプスの渓流 早朝から入ってみた

微妙な天気やらなんだかんだで
シーズン中に2週間以上もフライフィッシングを
していないと精神的にはかなりきますな~。

今回はWAKAさんと同行し、
早朝から午後ちょいまでと決めて
うきうきで久々に行ってきました南アルプス渓流へ。

140906_001.jpg

朝方はかなり冷え込むようになり、空気が凛としています。
6時近くに入渓し、水温は12度。水量は少なめか。
この区間は2年ぶりくらいですが、全体的に浅くなった
ような気がします。

さて、先ずは同行者に釣っていただかないと、その後が
ボーズになるジンクスがあるので、よろしくってことでと
待つこと5分位でWAKAさんが綺麗なイワナをHit!。(ふぅ~)

私も16番のフライを結びいざ。

出方が渋いですが、8寸クラスが浅い流れから元気に
飛び出します。(撮影時に逃亡)

きちんと流れをみて流すと、反応は多く、釣れますが

140906_002.jpg

その後はこんな感じの6寸~7寸弱のオンパレード。

なんとなくまったりとした時が過ぎて、
ふとWAKAさんを見るとロッドが弓なりに。
無事にランディングし身振りで尺イワナだとのこと。
きましたね!!

私も~と力がはいりますが、なかなか大きいのが遊んでくれない。

140906_003.jpg

良い流れなんだけどな~。

徹夜での強行と暑さが響いてきて、やや集中力もかけはじめ
雑な釣りになりかけたとき、ふと見ると大きそうな魚影が浮いてます。
目があったような気がしましたが、ゆったりとクルージングしています。
一瞬幻覚かと思いました。(笑)

1投目・・・無視。
2投目・・・無視。
3投目・・・無視。(キぃー!)
4投目・・・面倒くさそうにフライをくわえる!

と久々に重たい引きで、ばれるなよ~といつもの祈り。

なんとか

140906_004.jpg

尺イワナさん、ありがとう~。

140906_005.jpg

目が覚めました。

その後はWAKAさんに大きいのがかかりますが
食いが浅いのか、ばれたりと難しい展開に。

終わってみれば数は20匹/1人以上と高打率ですが、
やはり集中力にかけていたみたいで、ばれも多く
反省しきり。

しかも帰りはかなり疲れたてたのか数十年ぶりに車酔い(笑)。
WAKAさんすまんね(笑)。

さて、今シーズンも残りわずかとなってまいりました。
ラストスパートしたい今日この頃です。

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング イワナ 南アルプス

プロフィール

BLUE SWAN

Author:BLUE SWAN
フライフィッシングDAYSへ
ようこそ!

フライフィッシングでイワナや
ヤマメの釣行記を中心に掲載
しています。
神奈川県、山梨県、長野県の
フィールドへよく行きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。