スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士川水系支流で探索フライフィッシング 

体調不良もありしばらく間が空いて、うずうず。
さて今回は富士川水系の支流のアマゴを求めて
WAKAさんと行ってまいりました。

まずは一つ目はそれなりに人気があるのでは
と思う渓流へ8時30位に到着。
先ずは下流域からいそいそと入渓

140524_001.jpg
気温は暑い~。水温は11度と。 
あれ? まったくご同輩が姿がない・・・。

まあ、餌師がやらなそうなあさーいポイントを狙って、
流すこと4ポイント目で。

140524_002.jpg

いい引きでした。8寸位かな、
嬉しかったので、もう一枚。
140524_003.jpg
胸鰭も大きく綺麗なアマゴで正直ひさびさの満足。

とはいえこのパターンは・・・、そう私が先に早い段階で
釣れると後が続かない(笑)。 
まあ、毎回そんなこともと思い直し、WAKAさんに先行してもらうと
これがその後2時間まったく反応、魚影も見えない・・・
上流を偵察するも、かんばしくなく、次回に期待して
次の渓流へ。

140524_004.jpg

中流域付近から入渓、むかーしに最下流域にきたことがあったけど
その後はまったく来ていなかったところです。
先ずは水の綺麗さにびっくり。
最近の出水なのかちょっと荒れ気味でしたがきっと数年前は
整った渓相だったんだろうな~と思いました。
ここではライズも確認できて
6寸クラスが適度に遊んでくれて、反応もよかったな~。
一度でかいのがWAKAさんのフライに反応するもフッキングせず。
難しいけど面白い区間でした。

そしてさらに上流へ車を走らせると、一気に気温が下がり
先ほどまでの暑さがうそのようです。雰囲気も静かで
おごそかな感じの好きな感覚の渓流です。
こちらもそれなりに5寸位アマゴが神経質にフライに出ます。
新しい足跡もあったので、次回に時期を見て再度きたくなる
区間でした。

時間も押してきたので、再度下流域へもどり新しい区間を
夕方近くから攻めてみます。
140524_005.jpg

多分昼間は相当人が入るだろうな~と思わせる区間でした。
良く見てると小さなライズがあり、
念のためあわせると4センチ位のアマゴさん(ごめんね)。
フライを14番にあげて、石周りを重点的に流していくと

140524_006.jpg

7寸クラスのめちゃめちゃ元気なアマゴさんでした。
やはり小さめの6寸クラスは適度に出てくれて面白かったな~。
イブニングの堰堤では・・・・不発!

久々に新規の渓流に行ったのですがやはりわくわく感が
違いますね。
今期はなるべく探りに行きたい今日この頃です。
WAKAさんもお疲れ様でした~。
スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング アマゴ 富士川水系

2014フライフィッシング 甲信の渓流2日目

さて、2日目は信州木曽へ。
やはり前日入りすると身体が楽ですね。

まずは自分のお気に入りの綺麗な渓流へ。

140503_001.jpg

今回は新しいポイントから入渓して探索です。
水温は8度とちょっと低いかな。
増水気味です。対岸に渡るのはちょっと厳しいくらい。

ライズなし、と思ってたら一つ見つけてキャストを繰り返すと
つついて逃げられる。 でも、反応があってなんだかうれしい。
流れのある大場所では反応がないので、小場所を重点的に
ソラックスダン16番を流します。

140503_002.jpg

ちょっとした小さな流れには必ず反応があり
なんとかこのサイズのアマゴさんが急に入れ食いに・・・・。

140503_003.jpg

たまにイワナさんが
140503_004.jpg

数釣りが楽しめましたがサイズは一向にあがらず。
楽しいけどもう一つインパクトが欲しい(笑)。

さて少し移動して、気になっていた支流とそのまた支流へ
やはりお子様サイズがエサ師がやらなそうな、
あさーい瀬から遊んでくれます。
でもインパクトが足りない。

しばらく増水気味の瀬をみていると
気になる流れがありフライを流すとガバっと。

140503_005.jpg

出方も、色艶、パーマークの模様も引きも良かったアマゴさん ありがとう~。

この支流は次回にもう少し探ってみたいと思います。
いつかわからんけど(笑)。

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング イワナ アマゴ 長野県

2014フライフィッシング 甲信の渓流1日目

ゴールデンウィーク後半は久々の泊まりでフライフィッシング。
と同行はWAKAさん。ところが諸事情により2日目は単独に。

さて初日の1つ目の渓は、私は初めてのアマゴの里川へ。
8時前には到着しポイントを見回ります。水温は9度。

140502_001.jpg

いきなり反応があり、拍子抜け。6寸弱だけどボーズ回避。
これならと写真を撮らずにいたら・・・まあ、後が続きません。(笑)
珍しく、WAKAさんも苦戦中。

この時期にしては水がだいぶ多く、ポイントが落ち着かない感じです。
良い流れもあり、また来て見たいところでした。
見切りをつけて、2つ目の有名渓流へ移動。

さて着いてみると流れはだいぶ変わり昨年の面影はなく
若干増水な感じです。水温は12度とまずまず。

ハッチはパラっとあるくらい。
本流はブラインドで釣りあがっても反応はなし。
流れでライズを見つけますが、散発で撃沈。

堰堤で渋いライズを見つけて小一時間粘りますが撃沈~。
前日までの雨と快晴が響いたかな。しくしく。
この日は気温も上がって暑い。

支流へ移動してみました。
新しい入渓場所を開拓してみようとうろうろ。
なんとかもぐりこみます。
足跡だらけで不安にかられますが、時間もないので、いざ。

140502_002.jpg

流れでは一切反応がなく、
写真右上の石の下教科書どおりの巻きから。

140502_003.jpg

今シーズン初のイワナさん!、うれしい~。
ここは水も魚も綺麗なので癒されます。

太陽も傾きはじめ一日目は終了。
ここでWAKAさんと別れ、一路信州へ。

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング アマゴ イワナ

プロフィール

BLUE SWAN

Author:BLUE SWAN
フライフィッシングDAYSへ
ようこそ!

フライフィッシングでイワナや
ヤマメの釣行記を中心に掲載
しています。
神奈川県、山梨県、長野県の
フィールドへよく行きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。