2014春のフライフィッシング 神流川へ

今回はどこの渓流のヤマメに会いに行こうかと
迷っていました。よっしーさんに連絡すると
一緒にいけそうなので、とりあえず相談。

伊豆か神流川か、近辺の渓流かで迷い、二人とも
行ったことが無い神流川へ決定。
C&R区間もあるし、とその時は軽く考え現地へ。

140329_001.jpg

河原に車を止めて準備をしていると次から次へと
人が来ます。
しばらく川を眺めてライズを待っていると・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

何も起きません。正直ライズ待ちのパターンは苦手なので、
キャス練もかねてフライを浮かべますが飽きてきます。
3時間は軽くたったでしょうか。やばい雰囲気が漂います。
水温も6度から7度位です。
周りの人も全く釣れてません。
よっしーさんは今シーズンまだ解禁してないので、
少しずつ人が変ります(笑)。

しかしここで、詳しくはよっしーさんブログに。

場所を変えて上下流に車を走らせ、よさげなポイントへ。

140329_002.jpg

ほぼこの時はボーズを覚悟しましたが、今日初のライズを確認し
20番のCDCダンを送り込むと

140329_003.jpg

ちいさ~。けどなんとかボーズ回避。
あとは何もなし。
初めての神流川でしたが本当に厳しかったです。
C&R区間も状況によってはこうなると
あらためて思い知った1日でした。とほほ。

スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング ヤマメ 神流川

2014初春のフライフィッシング 丹沢の渓流

さて、未だ大雪の影響が残りまだ早いとは
思いましたが、丹沢のちょっと上流の
綺麗な渓流へ行って参りました。

9時前には準備をすませ、快晴の中ポイントへ。
空気はまだひんやりとして、日陰では寒さを
感じます。

140322_001.jpg

やはり少し増水気味で、水温を計るとなんと4度・・・。
ハッチなし、ライズなし、釣り人なし。
しかしご同輩と思われる足跡はある。
ドライは厳しいかな。などど考えながらも念のため
18番のソラックスダンを結びます。(笑)

まあキャス練もかねてゆっくりと釣り上がります。
昨シーズンまでは反応があったところも
今日は静かなもので、まあね。

と思っていたら、なんとなくライズらしきものを
発見。この時期の錯覚かもしれませんが、ふと見ると
ベストにカワゲラっぽいのが・・・。

18番の黒系カディスに変えての一投目。

バシっと出ました。久々のローリングの引きを堪能。
ヤマメさん7寸位。
140322_002.jpg

よかった~
色もこの渓に映える少し緑色です。

やっと解禁。

この後も2回ほどフライに出てくれた魚がいましたが、
いずれもフッキングせず。
無反応が数時間続き、
終盤のトロ場のバブルラインでなんとか

140322_003.jpg

小さいけど元気いっぱいでした。

15時を過ぎると寒さがぶり返します。
あっ昼ごはん食べなかったなぁ
と思い出し遅めの昼食をほおばりながら、
堰堤にて待ちますが、この日は何もなし。

140322_004.jpg


というわけで、今回は撤収~。



テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング ヤマメ 丹沢

2014年シーズン なんちゃって解禁

3月とはいえ、まだまだ寒い今日この頃。
今期は雪も多かったしまだいいか?
という気持ちとロッド降りたいなーと迷う日々に
よっしーさんからメールが。
よ「もう解禁しました?」
B「いえいえまだです。寒くて。」
よ「丹沢の某渓流の情報ってあります?」
B「解禁初日はそれなりだったみたいですよ、
  一応ポイントはこのあたりみたいっす。」
よ「ありがとう、きてね!」
B「えっ?」
よ「つーか、来い!(笑)」
 という脅迫やさしいお誘いもあって
 なんとなく悶々としていたし、渓流の雰囲気も味わいたいということで
 丹沢の里川っぽいところに行って来ました。

ゆっくりと10時過ぎに集合し、二人で下流からポイントをまわりライズを
探します。
まあ今日は"ボーズ"心構えが二人ともできていて、ある程度覚悟してます。(笑)

140308_001.jpg

ポイント毎にだいたい釣り人がいますが、ほとんど沈黙の様子。
ハッチだけは異常に多いのになぁ、嫌な感じです。
時々、情報をいただきながらポイントチェックを終えたのは
14時位。あるポイントではやっと念願のライズを発見しますが
すでに他のフライマンが対峙中です。
今回はこのポイントでやってみましょう、とついにロッドを
つなぎます。
先の方があきらめたポイントにあらためていざっ!

一つだけパシャとライズもまだ続いている中、
よっしーさんのラインが綺麗に伸びていきます。
フライをつつくような感じで厳しい感じ。

私はしばらく眺めた後、少し離れた浅瀬に移動し久しぶりに
キャステイング。気持ちいいね~、やはり。でも寒い。
また少し移動してゆるーい浅瀬に
20番のダンを浮かべると小さな反応あり。

おっと慎重に行くかとさらにトレースさせると、パシャっと
でました。小さいながら久々の引きに・・・、あれ?
そうなんです、釣れたんです、
6寸くらいのオイカワでした~。懲りずに6匹も・・・・。

よっしーさんの所に戻り報告すると、
「見てたけど、アピールがなかったから、あれっと思った。(笑)」

今回は二人ともヤマメには会えずといことで。
会話を楽しみ、帰路につきました。

心構えがあると余裕があるな~。

ちなみによっしーさんは西○屋に行く途中に
寄ったそうです。(笑)

というわけで、なんちゃって解禁日和でした。
また行きましょう!!


テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング ヤマメ 丹沢

プロフィール

BLUE SWAN

Author:BLUE SWAN
フライフィッシングDAYSへ
ようこそ!

フライフィッシングでイワナや
ヤマメの釣行記を中心に掲載
しています。
神奈川県、山梨県、長野県の
フィールドへよく行きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック