'10年ラスト フライフィッシング 南アルプスの渓流 

さて禁漁間近ということで、悩んだ末に南アルプスの渓流へ。
前日に結構雨が降っていたので、だめもとという感じで
車を走らせます。

天気は良いけど・・・、お~、ちょっと増水かな。
ついでに釣り人も増員と。10人以上か~多いな~。

100929_001.jpg

8時半に入渓して水温は10度、気温は、はっきり言って寒い。
お日様がでるとちょっとは暖かいけど、耳が痛いくらいで。
まあ、今日はのんびりとスローペースで釣り上がり開始です。

午前中は大場所ほど、反応はあまりなく、

なんとか、このイワナさんが遊んでくれました↓。

100929_002.jpg

先行者に追いついてしまったので
少し、景色でも眺めて時間をつぶします。

おっ、今日は猿も頻繁にみかけます。(あっ画像ないです)
見ていると川の浅瀬でなにやら採って食べています。
(イワナじゃないよな~)

さて、午後は6寸~7寸ほどがゆるい流れから頻繁に出てくれます。

無心にフライを流していると、すっかり山は
秋の空気に入れ替わったことをふと、感じさせる
寒い風が吹き、来シーズンはこの渓流へ
もっと通いたいな~。

と未練たらたらと撤収です。




スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング イワナ

残暑のフライフィッシング たまにはこんな渓流も

そろそろ禁漁も近くなり
いそいそとフライに行きたくなる今日この頃。
ラストスパートをかけるべく、とある方の
ご協力を得てとある渓流へWAKAさんと行って参りました。

さて、一本目の渓流は、まあボサ川であまり試した
ことのない渓相。というかむしろ苦手。

ポイントはこんな感じです。

100919_001.jpg

10時に入渓し水温は13度。水量は遡行できるくらいなので
大丈夫かなという感じです。
それでも調子の良いときは尺上もいるとのことで釣り上がります。

今回はこの8寸の良い面構えのイワナさんに出会えました。

100919_002.jpg

魚影は濃いのだけど、ボサのため下手な私はキャスティングさえ
ままならない。遡行もつらかったな~。
歩いてる方が時間が長かったような(笑)
しかし、こんところにも居るんだな~と考えさせられる渓でした。

次の日も別の渓流へ。

100919_010.jpg

お~、開けている渓です、なんだかロッドが振りやすく好みの渓相。
9時半くらいに入渓しまして天気もうす晴れ。なんだかついている。

入ってすぐにひらきでライズを発見、14番のテレストリアルを結び
1投目でヒット。珍しくばらしなし。
100919_004.jpg

8寸サイズのイワナさんでした。
とここで辺りをよく見るとライズだらけ・・・・。

ここからフライ人生初のパラダイスがありました。


ライズを誘発したのはどうも羽蟻でサイズは18番位、
でも14番で8~9寸超えが釣れちゃいます。

100919_005.jpg

コンディションも抜群でびっくり。

100919_006.jpg

一つの淵では5匹以上もフライに出ます。

もう写真撮りよりひたすらフライを流します。

このサイズは感覚が麻痺する位に出ました。↓

100919_011.jpg

4匹に1匹はこの泣尺サイズです。↓

100919_007.jpg

そして、対岸でゆったりと
パク~、パク~とライズしてるイワナさんを発見。

ちょっと遠いな~と思いつつ、慎重にキャスト。
まぐれと幸運が重なり、いいところへフライが落ち、
フライを吸い込むのを確認してロッドをあげると同時に、
ドカーンと強烈な引き。

ばれるなよ~と拝み倒すことしばし。

釣れてくれたのは33センチのイワナさん。感謝です~。↓
100919_008.jpg

100919_009.jpg

もうこの時点でかなり満足して、なんとなく気が抜けるほど。

100919_012.jpg


その後も8~9寸が出てくれます。
15時過ぎにはもうすっかりドーパミンが
出つくして納竿。

こんな調子が続くと何だか悪いことが起きそう
と考えてしまうほど。(小心者なので)(笑)

そして、
こんなこともあるんだな~と、ある方と山と渓流の神、イワナに感謝。

しかし終盤でこのツキが来てもな~。
来年にとっておきたいな~、と虫の良い考えが浮かびます。
甘いよな~。


テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング イワナ

残暑のフライフィッシング 南アルプスの渓流へ

暑さは続くのに禁漁も間近に控える今日この頃。
南アルプスの渓流へ単独にて行って参りました。

いつも混んでるこの渓流には珍しく、入渓点
のバッティングは1名。お話し合いの末
上流下流へ分かれることに。

さて、とロッドをつないでいると突然の豪雨。
やれやれ、今年はツキに見放されているとは
いえ、この仕打ち厳しい・・・。

なんとか1時間位で止み始め涼しさの中開始です。

お約束の1匹目はやはり7寸サイズ。
肩からもわーとでました。
100913_009.jpg

あまり反応がなく進んでいくと。
さてここのポイントでは・・・

100913_001.jpg

14番のテレストリアルを流すと

100913_002.jpg
100913_003.jpg

今シーズン初の尺イワナさん。この尾びれに会いたかったよ~。

いきなり満足してしまいもう帰ろうか?
なんて思えないのが性ですな~(笑)

天気も急に回復して晴天が広がりはじめます。

こんなポイントでは↓

100913_0004.jpg

100913_013.jpg

100913_005.jpg

前回の釣行では会えなかった8、9寸クラスがぱらぱらと。
素直に楽しい。

このポイントでも↓

100913_011.jpg


100913_008.jpg

100913_007.jpg

反応はまばらで、渋い出方をしますが、
今回はこのサイズがそこそこでてくれて、久々に
堪能しました。


100913_012.jpg

なんて浮かれてたら、岩を乗り越え頂点にたったとき、足場の
悪さに対処が間に合わず(油断と暑さかな)フラっとなり
そのまま後ろ向きに転倒。
大の字に落下して一瞬青空が広がります。
・・・・・。
そのままの姿勢でしばし動けず、とりあえずロッドは無事か~
頭は打ってない感じ、うっ左手が痛い。
やれやれ今年は落下シリーズばかりだと苦笑。
幸い薬指の捻挫ですみましたが、やはり自然は危険な面が
あると肝に銘じる日でもありました。

100913_0010.jpg

16時過ぎには涼しい風が吹き始め秋の到来を感じる
1日でした。

次はどこに行こうかな~。

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング イワナ

猛暑のフライフィッシング 中央アルプスと南アルプスの渓

うだるような暑さが続き、
夏バテに苛まされてフライ欲も減退してました。
何事もほどほどが良いな~、と思う今日この頃。

8月の墓参りをかねて行った中央アルプスと、別枠で
南アルプスの渓に行ってきましたのでつらつらと。

中央アルプスの渓は、午前11時に入渓。既に人も
入っているだろうと踏み、おとなしく下流域を
ちらちらと。

100808_001.jpg

渓相は申し分ないのですが、その分ポイントも
絞られやすく感じます。

期待せずに14番のテレストリアルを結びます。

まあ、結果からいくと思ったより魚影は濃い。
ある境からイワナの6~7寸くらいが入れ食いです。
スレてますが・・・。

もう少し大きいのが釣れたら写真をとろうと思った
らこれ以上のサイズは出ませんでした。やばっ(笑)

あまり時間もなかったのでさらに下流に移動して
探ってみると。

100808_002.jpg

8寸強のアマゴさん。ありがとうという感じです。
巻きからパシャっ出てくれました。この鍛えられたヒレが好き。

後は6~7寸のアマゴとイワナさんが遊んでくれました。
ただ変なところについてるのが多くてあらためて勉強に
なった日でした。

そいで8月末に行った南アルプス。

100828_002.jpg

みての通りのかなり減水です。
この日は予定していたポイントは先行者あり、
変更するとそこにもお人が。人気ですな~。

午前中の早い時間で日陰になっているところが
活性が高かったです。基本通りという感じです。

この日もそこそこ7寸サイズのイワナさんが
釣れてくれましたが、

100828_001.jpg


やはり大物はなかなか出てこない。
1度だけ痛恨のバラシがありました。
(原因はフックの先が丸くなってました・・・とほほ)

減水と人の多さのプレッシャーでかなり神経質に
なっている模様です。でも2時間もするとフライに
でてくれるおおらかさ。
この渓のイワナってわからんですわ~。

さてあと1ヶ月で禁漁か~と暑さの中でしみじみ。

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング イワナ アマゴ

プロフィール

BLUE SWAN

Author:BLUE SWAN
フライフィッシングDAYSへ
ようこそ!

フライフィッシングでイワナや
ヤマメの釣行記を中心に掲載
しています。
神奈川県、山梨県、長野県の
フィールドへよく行きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック