スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨の間のフライフィッシング 久々の南アルプスの渓流

ついに梅雨に入ってしまい、なんだか悶々とする今日この頃。
この日は梅雨の合間の晴れの日!
逃したくないので一発南アルプスの渓流へ。

前日、前々日と結構雨が降ったようなので下流はかなりの増水。
上流域に望みをかけてだめもとで、行ってみると・・・。

100617_001.jpg

途中の小さな沢が何本かありそこから
流れ込む箇所はやはりちょっと水量がある。
とりあえず開始です。

10時に入渓し、水温は6~7度。
気温はそれほど暑くないですが日差しがきつい。

初めの水の多い区間は良さげなポイントも反応が無く、20分ほど
過ぎて反応がありやっと一安心。
イワナさん今日もよろしく。

100617_002.jpg

それ以降コンスタントに反応があるものの、出方がヤマメのように
素早い、フライの種類か、流し方が悪いのか悩み所です。
(最近釣れないからなんかこうスランプ気味)

100617_003.jpg

中央のたるみの部分のようなところからの反応は少なかったなぁ。
その分瀬からの反応は上々。

100617_004.jpg

この7~8寸サイズはコンスタントに出てくれて
久々の数釣りにちょっと感動。
途中のプールエリアでは、6寸から7寸サイズが
沢山釣れますが、しかし大物が出ない。

100617_005.jpg

なんて罰当たりなことを考えていたら、まじで罰があたりまして

あきらかに尺上がかかるもランディング時に5.5Xのティペットをぶっちぎられ、
呆然としながらロッドを小脇に抱えてフライを交換してたら、
木の上でガサっと音がして
あっと思ったらロッドに落下枝(成人の腕くらいの太さで長さは1m位)
があたり、なんとテイップの先が5cm程折れてしまいました。(涙)

いや~、頭に落ちなくて良かった。
ある意味ついてると無理やり考えてガムテープで固定して続行です。

100617_006.jpg

ここのイワナはサイズの割りに引きが強いと感じるので、
やはり楽しい。と思わないと次は何が落ちてくるか。(笑)

100617_011.jpg


この巻きのポイントでは↓。

100617_007.jpg

黄金のイワナさん。胸ひれがインパクトありました。

100617_009.jpg

退渓点まで久々に良いときを過ごして、
無理にでも来て良かったと。

100617_0010.jpg

さて、折れたロッドを修理しなくちゃなぁ。
もう6年近く使ってるしなあ。

とはいえ新しいロッドの購入するきっかけでもあるか。

誰か、7.5から8フィート前後で#3、
スローアクションかミディアムスローで、3ピースのもの
でおすすめのロッドってありますか?
出来れば廉価なもので!(笑)


スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング イワナ

梅雨前のフライフィッシング ~千曲川水系~

前回のリベンジへ向かったものの、先行者ありという
状況で、大きく行き先を変えて千曲川水系に。

晴天の元はやはり気持ちいいな~と思いながら
10時位に入渓ポイントへ着くと先行者の車が一台。
おそらく1名とふみ。ここに決定。
(この判断が後々響くんだよな~)

まあ、新規の渓流だし行ってみますかと。
水温は9度。

100606_001.jpg

渓相は少し上の木がうるさいけど好みです。
とりあえず14番エルクヘアカディスで始めます。

ここぞというポイントにはまったく反応が無い、走りもせず。

一度大岩の巻きでふらふらしてる岩魚を見つけるも
フライを流すとスプークされ、駄目~。

まあ、探索ということもかねて行けるところまで
行ってみることに。

めげてきた頃、やっと心優しいイワナちゃんが
100606_002.jpg

反応があり思わず合わせたら、ちいさいな~。

結局、この1匹で車まで戻ると先行者の方々餌師3名がおり・・・・。
状況を聞くと、ボーズだったそうです。
なんだかな~。

その後は本流を見てみると結構増水。
なんとか渋いライズを見つけ釣り上げると
放流もの全開のヤマメさん。

あとは沈黙。

まあ、こう川選びを間違え、腕がないと駄目ですわ~。

あげくに渋滞にはまり、徒労のみを友として帰宅。
あ~あ。

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング 千曲川水系

フライフィッシング盛期なのに・・・ 山梨県の渓流 

さて、しばらくぶりに
フライフィッシングをと意気込んでこの渓流へ

100602_124706.jpg

午前9時に入渓し水温9度、ちょい増水気味かな。

14番ソラックスダンを結びイザ!

・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

そう何も起きません。フライを変えても、遠くから流しても。

折角なので、この渓流の中流、下流と走り回りますが、今回は
実らず。
挙句になんだかにごりも入ってきてちょっと雨も降るし。

この時期にボーズ!

やれやれ、リベンジ確定。


とまあ、そこで間が持たないで新調したウェーディングシューズ
をご紹介。
今まではソールの張り替えが面倒だったので
DAIWAのびべりピタシューズを使用していましたが
脇の縫製がよくほつれて具合がよくなくおしゃかに。

そこで
FOXFIREのカレントフリークウェーディングシューズ

100526_001.jpg

今回実際に履いてみた感想は、

・スパイクピン標準装備は助かります。
・フェルトはまあ普通かな。
・足先と甲の広い私でもあまり足先に窮屈に感じない。
・新しいせいかもしれませんが、ソールが少し硬く感じる。
・水はけが良かったと感じる。
・靴ひもが細いな~と思っていたらこれまたホールド具合も
 特に問題なし。

100526_003.jpg

かかとも補強があって良い感じ。

100526_004.jpg

あとは耐久性かな~。



テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング 山梨県 カレントフリークウェーディングシューズ

プロフィール

BLUE SWAN

Author:BLUE SWAN
フライフィッシングDAYSへ
ようこそ!

フライフィッシングでイワナや
ヤマメの釣行記を中心に掲載
しています。
神奈川県、山梨県、長野県の
フィールドへよく行きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。