スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の雨の後のフライフィッシング 丹沢の渓流

よくまあ、これほど雨が降り
寒い春にも飽きてきた今日この頃。

またまた丹沢へ行ってまいりました。
午前中は新規開拓もかねて行ったことのない支流へ
行ったのですが、いまいち。ついでに車内に
携帯カメラを忘れる始末・・・。

気を取り直し、西丹沢の渓流へ。

100426_001.jpg

気温は午後で14度、水温は10度~11度位。まだまだ冷たいです。
ちょっと増水気味だけど良い感じ。

まあ人も入ってるだろうから、気楽にやるか~と
ソラックスダン14番を結びます。

1投目の右岸側の浅い瀬になんとなく流してみると・・・。

100426_002.jpg

8寸弱のサイズが瀬からバシッと出まして、
完全やる気モード突入!!

ついに瀬からでてくれるようになったか~、
と一人微笑み(不気味だ~)。

その後は流れのゆるい箇所からはお子ちゃまの反応が続き、

この流れでは↓

100426_003.jpg

元気よく出てくれました~。↓

100426_004.jpg

100426_005.jpg

ちょっとパーマークが緑がかった7寸強の丹沢ヤマメちゃん。
綺麗だな~と素直に思う。

途中から先行者のくっきり足跡とともに反応が薄くなり
我慢の時間が続きます。

まあ釣り上がりが出来て、瀬からでてくれるなら
こんなポイントからも ↓

100426_008.jpg

100426_007.jpg

100426_006.jpg

夕方からは急に気温が下がり、寒いくらいです。
それとともにさらに反応も薄くなり・・・。

最後は、恥ずかしがりやの
ちょっと小さめのヤマメちゃん。

100426_009.jpg

私は瀬の釣り上がりが大好き(特に浅めの)なので、
本日はこれだけで、満足でした。
もちろん次の日になれば、フライ欲が・・・(お約束ですな~)。

足るを知るのは何時になるのか(笑)

スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング 丹沢 ヤマメ

春のフライフィッシング 丹沢の渓流も未だ寒し・・・。 

この天気、本当になんとかならんもんかな~、と
ぼやく毎日の今日この頃。

雨の合間をぬって、西丹沢の渓流へ行ってきました。

9時に入渓。
気温11度、水温9度とこの時期にしてはお寒い感じ。
これまた珍しいことに先行者らしき車も無い。
ちょっとワクワク。

100414_001.jpg

ソラックスCDCダン14番を結び、
一投目から・・・・、

100414_002.jpg

サイズは6寸といったところでしょうか、このサイズが2匹、
右と左の流れから出てきてくれました。

100414_006.jpg


丹沢ヤマメはサイズはともあれ、綺麗だな~と思う。
お~、今日は行けちゃうかな~と一人盛り上がり。

リズミカルに釣り上がります。

・・・・・・・・・。

あれ?・・・・・・・・・・・・・・。

う~む。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

これ以降3時間ほどまったく反応なし。昼になっても
あまり気温はあがらずハッチもない状態。

大場所の堰堤でも魚影も見えずで寂しい。

朝一で先行者がちょっと前から入ったのかな? この規模だと
厳しい感じです。

仕方なく、少し下流に戻って堰堤を見るとライズ発見!!!
さらに下流より釣り上がります。

100414_004.jpg

それでもってなんとか↓

100414_005.jpg

6寸強だけど綺麗~。

丹沢ヤマメって光の加減かわからないけど
時々パーマークが緑色のものもいて、しばし見とれる
時があるな~。

ここからか~、といつもの調子でフライを流すも
またまた音沙汰なし。
厳しいの~。

そして、ライズのあった堰堤では、お約束の痛恨のバラシ!


しかし寒いの~、気温も心も。
本当に4月かね

と本日はその他の支流をチェックして撤収です。

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング 丹沢 ヤマメ

春のフライフィッシング 初めての桂川と支流

フライフィッシングでも有名な渓流、桂川に
WAKAさんの案内で
じつは初めて行ってまいりました。

9時頃に入渓、水温12度、
少し増水気味。 ライズ確認出来ず。
100410_001.jpg

噂には聞いていたけど本当にゴミが多い。入渓したポイントでは
まだ少ない方と聞いてさらにびっくり。
特にペットボトルと空き缶、ビニール類の多さには辟易しました。

まあ、とりあえす14番ソラックスダンを結びスタート!

・・・・・・・。
良いポイントでもまったく反応がありません。
ハッチもまばらで状況はイマイチ。

また途中からにごりが入り水も多くなり釣り上がりは
水圧トレーニングのような状況。

そして支流の合流点までくるとやっと私のフライに
良型がかかるも岩にまかれてブレイク・・・・。

その支流に期待して釣り上がるとすぐに先行者・・・・。

14時頃に一旦脱渓し、他の支流を見てみることに。

100410_002.jpg

支流の中流域で橋から覗くとライズを発見、
俄然やる気がでて入渓決定。

やっとこの日はじめてのランディング。アマゴでした。
小さいながらもポイント毎に反応があり魚体は綺麗です。

100410_003.jpg

そしてある区間からぱったりと反応がなくなりました。

この渓では大場所といえるポイントでフライを流すと、
ぬぅ~とスローモーションのようにフライを吸い込み!(心臓バクバクです)
一呼吸をおいてあわせると↓

100410_004.jpg
(WAKAさん写真ありがとう)
強烈な引きで思わず腰に力が入ります。(おおげさだぁ~)

そして・・・・・・・・。


続きを読む »

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング ヤマメ アマゴ 桂川

初春のフライフィッシング 道志川

フライフィッシングとしては
春の天気に悩まされる今日この頃。
今回は丹沢の道志川に行ってまいりました。

100401_001.jpg

9時30分に到着。
気温14度、水温8度、時々小雨、強風という状態・・・
ライズなし、目立つハッチなし、釣り人多数。めげますな~。
水量は遡行には問題ない感じです。

とりあえずこんなところから16番ソラックスダン
を流します。↓

100401_002.jpg

お~、居た。しかし昨日養魚場から来ました、みたいな感じです。

100401_003.jpg

ここでは3匹ほど遊んでくれました。しかし風が強くてキャスティング
が思うように行かず遡行ペースがあがりません。
瀬ではこの日は反応はほとんど無く、たるみや巻きのポイントでは上のサイズ
が高活性でした。

そして釣り上がっていくと、このポイントに。

100401_004.jpg

しばらく見ていると風が止むたびにライズの嵐!、
ちなみにここまでのは僕自身は初めてで、あらためて感動。
時間は12時くらいかな。
オオクママダラカゲロウ(多分)に誘発されてます。
ただ複合ハッチでオオクマを食べているのもいれば、
他の16番くらいのカゲロウを食べているのも居ました。
いただきっ! と思い12番の赤こげ茶色フライにチェンジし
投げるも、すっぽ抜けやらつつかれて逃げられる、バラシ3回と最悪・・・。

やっとこさ↓
100401_005.jpg

気がつくとハッチもなくなり、ライズも散発に。
いやはや、目移りしてどれから狙うか、久々に興奮しすぎて反省しきり(笑)。

100401_007.jpg

このポイントでは、16番くらいのダンにライズがあり、CDCで狙いますが
すっぽ抜けがつづき、フライをスペント系のフライに変えたとたんに
ヒット連続。

でも釣れるのはこのサイズばかり↓

100401_006.jpg

15時を過ぎると風もさらに強まり本日は終了。

ライズとマッチ・ザ・ハッチの魅力と難しさに再度取り付かれた
1日となりました。
渓魚からは疑るにあまりあるフライの出来とドラックなんだな~と。
完敗です。

余談ですが、
とあるアウトドアショップにこんなフリーペーパーが。
「あなたの釣り」↓

100401_011.jpg

放流する川と放流しない川を取り上げ、
その環境とそれにかかわる人たちのインタビュー集です。
今回は雑魚川と世附川を取り上げてましたよ。
放流の善悪を断じるのではなく、現状の渓流を取り巻く環境や状態、
釣り人との問題点等、
今後の方向性を考える上で個人的には面白かったな~。

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング ヤマメ 道志川 丹沢

プロフィール

BLUE SWAN

Author:BLUE SWAN
フライフィッシングDAYSへ
ようこそ!

フライフィッシングでイワナや
ヤマメの釣行記を中心に掲載
しています。
神奈川県、山梨県、長野県の
フィールドへよく行きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。