真夏のフライフィッシング ~南アルプスの渓流 支流編~

天気も上々、寝坊もなし。
意気揚々と独りごちで南アルプスのフライフィッシングへ
行ってまいりました。

090828_001.jpg

今回はお気に入りの渓流の支流ですが
中々入渓する機会がなく、実は初めての区間で
イワナの渓と聞いております。

いやはや、木々がかなり倒れていて、思っていたより
狭い・・・。気温は9時の段階で19度、水温は11度、
そして結構渇水な感じです。

さーてとエルクヘアカディス12番を結び、イザ!

・・・・・・。
・・・・・・。
反応がない・・・、あっても小さなサイズでかつヤマメのような
アタック。

渇水でかなりナーバスになっていてるのかな?
ずーっと俊敏な出方でフッキングしても食いが浅く
ばれっぱなし!

まあ、なんとか↓

090828_002.jpg

進むにつれて出方も変わるだろうと、タカをくくっていたら
まったく変わる気配なし。

釣れるのは後方の枝ばかり・・・・。ざっと10本はいったかのぉ。

ここは大人のイワナ殿がいるだろう~とフライを流すと↓

090828_003.jpg

う~む、今回は6寸強が精一杯。↓

090828_004.jpg

倒木多いな~、と微妙にうんざりしながらキャストすると↓

090828_005.jpg

いた。けどやはり今度は6寸。

090828_006.jpg

渓流の女神は本日はお留守のようで、とぼとぼと林道へ。

すると登山客の方が「釣れましたか~?と」
僕「え~、まあ、なんとか」
登山客「そうですか~、朝渓流を歩いていたときは・・・」
僕「なぁにぃ~!!!」(心の声)

なるほど、と納得の一日でした。

スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング イワナ

真夏のフライフィッシング ~ 南アルプスの渓流 Vol.2 ~

お盆も終わり、なんとなく一段落の今日この頃。
やっと夏らしさが感じられる晴天の下、やはり
この渓流へ行きたくなるのです。

前回は苦手の増水に見舞われ、いまいちのテンションで
終わってしまいましたが今日はどうなのか?
とあれこれ考えながら真夜中にクルマを走らせ到着。

そして・・・

090819_001.jpg

とまあ快晴で平水な感じでニンマリ。

しかし・・・
寒~い! なんと気温は14度、水温12度。
今回もエルクヘアカディスをチョイス
もう少し上から始めることも考えましたが
我慢できずに、とりあえず一番下から始めます。
相変わらず朝一は反応はなし。
ゆっくりと釣り上がりまひょ。

で、とりあえず↓

090819_002.jpg

巻きのポイントでは一切反応がなく。ほとんどが
流れから。しかも渋い出方が多かった感じ。

そしてこのポイントでは↓

090819_003.jpg

サイズの割りに元気いっぱいの引きでした。↓

090819_005.jpg

今回は反応があるところと無いところが、かなり
はっきりしていました。こんな感じのポイント
からが反応良かったなぁ。↓

090819_006.jpg

立派な尾びれです、大きく育ってくれよ~。↓

090819_004.jpg

段々と暑くなり、午後には少し曇ってきました。
そして丁寧に釣りあがって行くと、こんな感じが続きます。

090819_007.jpg

そしてあるポイントで、ここはイワナ集合住宅か?
と思わせるポイントに遭遇。

筋ごとにイワナがついていた様で、たった7~10メートルの範囲
で合計5匹の反応、内1匹はバラシ
(やはりバラスのは一番大きい)(泣き笑い)
で1匹は撮影中に逃亡・・・。

090819_008.jpg

う~ん、胸ひれの大きさが好き。

090819_009.jpg

090819_010.jpg

サイズは9寸と良型でした。こんなこともあるんだな~。

そしてここからビシバシと釣れるかと思ったら
まったくの沈黙。
自然だからといえば一言だけど、魚を釣るってのは奥が深い。
と思いながら、帰路へ。

来週も来ちゃおうかな。


テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング イワナ

冷夏のフライフィッシング ~南アルプスの渓流~

どうもうまく時間があわなかったり、天気が悪かったりで
気がつくとシーズン中に2週間以上もフライフィッシング
をしていなかった。
いやはや、こんな状態はマジでめげますな~。

そこで勇んでみたものの、朝一に起きれずに
午前遅くになんとかやりくりし南アルプスの渓流へ!

090805_001.jpg

気温は25度、水温は12度。
先行者は確実にいますな~。足跡だらけ。

そして、増水・・・・。例年時期の3割増しくらいでしょうか。
この時期だとだいたい渇水気味なのになぁ。
がんばってくれ太平洋高気圧!!

反応は薄く、ここぞというポイントには子様イワナ。
なんとかこのサイズ↓

090805_005.jpg

その後は増水でポイントが少ないため飛ばして歩きます。
かなり渓相が変化していてかなり水が出たみたい。

その後2時間はゆるーい流れから極小サイズの反応のみ。
結んだエルクヘアカディスが暇そうに見える今日この頃。

15時を過ぎてこのポイントでは↓
090805_004.jpg

手前のゆるいポイントでお子様イワナ(あわせ無し)
そして奥の岩盤巻きのポイントで↓

090805_003.jpg

そしてこのポイントの奥の流れで↓

090805_002.jpg

このポイントでは合計5匹と数は出ましたが、サイズは8寸弱が
精一杯。

連日降った雨のせいか、まだまだ下流域は水が多くていまひとつ。
来週あたりがベストなのかしら。
今度来れたら、中流域にはいってみようかな。




テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング イワナ

プロフィール

BLUE SWAN

Author:BLUE SWAN
フライフィッシングDAYSへ
ようこそ!

フライフィッシングでイワナや
ヤマメの釣行記を中心に掲載
しています。
神奈川県、山梨県、長野県の
フィールドへよく行きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック