スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨の晴れ間でフライフィッシング ~山梨県の渓流 Vol.3 ~

しつこい様ですが、梅雨の晴れ間は貴重です。(笑)
というわけで、僕の場合はやはりフライフィッシング。
またまたWAKAさんと同行。

周囲の木々の緑が鮮やかになり、こんな昆虫も↓

090620_001.jpg

泣き声も大きく響いて、夏一歩手前です。
季節の移り変わりを感じる情緒ですな~
と思う前に・・・、「これは渓魚に食われるのか?」
と真っ先に考えてしまう悲しい性の今日この頃。(笑)

入渓は8時半、気温は既に20度近く、水温13度
減水気味です。

090620_002.jpg

開始して1時間30分。
反応は2度あったものの釣れる気配なし・・・。
天気が良すぎるのかな。
黙々とロッドを降り続けますと・・・・。

090620_003.jpg

ふう~、やや小ぶりのファーストヒット。ここからか~!と盛り上がるも
またまた沈黙の渓が続きます。
やっとこのポイントで↓

090620_004.jpg

出ました8寸強サイズ。↓

090620_005.jpg

気温もじりじりと上がってきて日差しが痛く感じます。
わがまま承知で一雨ほしい。

11時からは反応すら、なくなりすっかり意気消沈。
早めにお昼をとりしばし休憩。

090620_009.jpg


13時を過ぎた頃から6~7寸サイズが飽きない程度に
釣れ始めます。今日は瀬に出てることが多いようです。

そしてこのポイントでは↓

090620_006.jpg

いきなりフライが消え、あわせと同時に強烈な引きが・・・、
まず上流に走られ、止めると引き返し、岩にもぐられ数秒・・・。
仕方なく岩に間に手を入れるとティペットに枝が・・・・。
外れちゃったか? と思ってたら今度は下流へ猛進。
6Xのティペットでは、不安になる引きで
寄せることが出来ずにいると
またまた岩にもぐられびくともしない。
(スレがかりかぁ~?)
やっとWAKAさんの協力でランディングすると・・・↓






続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング イワナ

梅雨時のフライフィッシング ~富士川水系の渓流 Vol.2~

この日は梅雨の晴れ間を利用して、
WAKAさんと魅惑の富士川水系へ。

と思いきや予定していた渓へは
諸事情により断念。

気になっていたもう一つの渓流へ変更です。
午前9時30分くらいに入渓、気温19度、水温8度・・・。

090614_001.jpg

やや険しいです。河原はあまりなく
小型乗用車くらいの岩がごろごろ。
雪代もちょっと入っているのか増水していて
水の流れが真っ白・・・・。

テレストリアルの14番フライをセレクトし
入ったすぐのこのポイントでは↓

090614_003.jpg

左岩の陰の巻きからアマゴちゃんが
なんとか素直に出てくれました。

090614_002.jpg

そのまま釣り上がると、傾斜がかなりきつく
なります。反応はありますがあり、時々釣れるのは20cm
に満たない元気なお子様アマゴ。

標高と渓相からイワナもいるかな?と思っていましたが
会えませんでした。

090614_004.jpg

なんだがこの日はスランプというか
思ったところにフライを落とせず、流せず、フッキングせず
の3拍子。
体調もすぐれないせいもあるけどいまいち。
遡行も厳しく、反応が少なくなり、移動を決意。

090614_006.jpg

おそらく取水の影響で極端に水量が減り、なんだかほっと
します。
入ってすぐにまさかの良型のライズを発見し
心臓ばくばくのままプレゼンテーションしますが
本日の悪い流れが出て撃沈・・・・。

マジでスランプだにゃ~。誰か治療薬ください(笑)。

比較的下流の方が活性が高く
大抵のポイントで反応がありました。
(かなりすれてます。CDCダン18番でやっと)↓

090614_005.jpg

そして続けてもう一匹。

090614_007.jpg

どうも自分の思いどおりのキャスティングと
ポイント選びが、いまみっつ足りない感じ。

克服のため
さらにフライフィッシングへのめり込みそう。(笑)

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング アマゴ 富士川水系

梅雨前のフライフィッシング ~ 富士川水系の渓流~ 

今回は富士川水系の中でも、初めての渓流へ
WAKAさんと行って参りました。

午前9時に入渓、気温20度、水温14度。
始まりは穏やかな渓相で良い感じです。

090603_001.jpg

ソラックスダン14番をセレクトし一流しすると↓

090603_002.jpg

うむ。小さいけどアマゴが、居る事は居るみたいなのでひと安心。
しかし出方がなり渋い。
今日の傾向はどちらかといえば瀬に出てるみたい。

すこしずつ落差が出て険しい感じになってきました。
とこのポイントでは↓

090603_003.jpg

090603_004.jpg

おっ、イワナだ~、型はこんな感じが多いです。

釣り上がっていくと、ひらきに魚がでていますが、かなりの
警戒網が敷かれているのか一度走られるとそのポイント
が全滅・・・・。反省しきりですな~。

このポイントでは↓

090603_005.jpg

お~! やっと8寸クラスの登場。

090603_006.jpg

嬉しかったのでもう1枚、パシャ。

090603_007.jpg

段々と岩が大きくなってきて遡行速度が落ちてきました。

090603_009.jpg

とこの辺りで、痛恨のドラッグ処理のミスで目の前で
大物がUターン・・・・。しかもロケット速度で逃げて
行きました。とほほ。

090603_010.jpg

上のポイントでは連続して3匹出ましたがサイズが伸びず。↓
引きは強いんだけどな~。

090603_011.jpg

ここの渓は朱点が鮮明で綺麗なアマゴが多かった感じです。
ただ上流に行くほど岩が大きく険しくて予想以上の疲労感。
(心地良いけど)


テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング アマゴ 富士川水系

プロフィール

BLUE SWAN

Author:BLUE SWAN
フライフィッシングDAYSへ
ようこそ!

フライフィッシングでイワナや
ヤマメの釣行記を中心に掲載
しています。
神奈川県、山梨県、長野県の
フィールドへよく行きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。