スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春のフライフィッシング ~丹沢の渓流~ 支流探訪編 vol.2 

今回は以前に行った支流の西丹沢水系の上流域へ。

天気は上々、しかし連日の暑さが一段落し少し涼しい感じです。
朝8時30分に入渓、気温は既に16度、水温は10度です。

090424_002.jpg

車止めには既に5台車が止まっています。 
う~む。この規模の渓流では
厳しいかもしれませんが気にせず行きますかな。(笑)

090424_004.jpg

水量は平水くらいかな~。だいぶ砂が入っています。
CDCソラックスダン16番をセレクトし釣り上がります。

090424_006.jpg

大場所で反応がありますが、お子様ヤマメばかりで
やはり結構抜かれているのかな。
しかも学習意欲が高いのか既にすれている。

0900424_003.jpg

こんなサイズが飽きない程度にフライへアタックしてきます。
少しフライのサイズを大きくしようかな。

それでもって、ちょっぴりサイズアップ(笑)↓

090424_007.jpg

各所堰堤ではライズもありましたが、
見ていると赤ちゃんサイズばかりです。

一度だけ良型サイズがフライを見にきましたが、
ゆっくりとフライをつついてそ知らぬ顔で戻っていきます。

0900424_001_convert_20090424133131.jpg

木々も芽を出し始めてフライを投げにくくなってきたな~。

さーて今日はもう帰ろうかなと山々を見て次回はどこに
行こうかと思惑をめぐらす今日この頃です。


スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング 丹沢 ヤマメ

春のフライフィッシング ~山梨県の渓流 Vol.2~   

春に三日の晴れ間なし。
ということもあり、なるべく晴れたらフライフィッシングを
楽しみたい今日この頃。(いつもか!)

今回は、前回に訪れた山梨の渓流へちょっと場所を変えて
再度チャレンジにWAKAさんと行ってきました。(常連だな~)

快晴の下、朝9時前に入渓。気温は14度、水温は8度。
目だったハッチは無しの状態。
とりあえず16番ソラックスダンで釣り上がり開始です。

090417_001.jpg

しばらくは反応がまったくなく、気温はじりじりと上がり、
しかも風が強くてフライをうまく落とせずにいたので
テンションは下降の一途。
(いつもの3倍以上の回数はキャストしたような・・・)

ハッチが始まってきたのと同時に、お子様サイズのイワナちゃんと
アマゴちゃんがぽつぽつと遊びにきてくれました。
う~む渋い・・・。
と思っていたらWAKAさんはイキナリ尺をGETしてました。

僕も期待をこめて、このポイントでは↓

090417_003.jpg

お~、満足サイズのイワナ氏(ちょっと痩せてるかな)参上。↓

090417_006.jpg

その後は20~25センチ位のサイズがぽつぽつとフライに
出ましたが、警戒が強かった感じで食いが浅く
良くばれました。(いやドラッグかな。)
しかも写真を撮ろうとする度に逃亡されまくり・・・。

090417_005.jpg

そしてこのポイントでは↓ 

090417_004.jpg

きました~、今シーズン初の尺イワナ!

090417_007.jpg

う~む、やはり尾びれが大きい。よく引いてくれてヒヤヒヤしました。

オットセイちっくなイワナ・・・。↓(なんちゃって)

090417_008.jpg

このポイントではもう一匹かけましたが自動リリース・・・・・・。
ぶぅ~。

しかし今日はよくばれたな~、いいサイズほど。
途中で暑さと強風で集中力をきらしてしまい、反省しきり。
(バラシ病もきてるな~)

また時期を見て来てみようっと。


テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング イワナ

春のフライフィッシング ~山梨県の渓流~  

良い天気が続いている今日この頃。
またまた、WAKAさんと今度は山梨県の渓流へ
アマゴやイワナに会いに行ってきました。(一方的にだけど、ぷっ。)

とりあえず支流へ9時30分ごろに入渓。
気温は既に20度、水温は9度、ハッチも少数ながらありました。
16番のソラックスダンをセレクトして、いざ。

090410_001.jpg

しかし日差しが強い、春というより初夏のような暑さです。
渓も藻がたくさんあって滑りやすい状況でした。

まずはこのポイント。中央の巻きの部分にフライを落とすと↓

090410_002.jpg

いました~ アマゴちゃん サイズの割りになかなかの尾びれ。↓

090410_003.jpg

気をよくして釣り上がりますが、この後は、一回も反応すらなく2時間が
過ぎ、相談の結果他の渓流へ移動。

ぽつぽつとフライに出ますが、なかなかフライに乗らなかったり
ティペットが切れたり(今日は切れすぎでマジで落ち込む)
状況が続きます。晴れすぎているからかな~?

なんとか、イワナちゃんにご対面。↓

090410_004.jpg


気がつくと、15時を過ぎ、気になった途中の渓で
サイズは小さいながらもポイントごとにアマゴが連続して出ます。
たった10メートルほどで7匹と高打率。しかしサイズが・・・伸びない。

そしてこの小堰堤では↓

090410_005.jpg

顔つきが好き。

090410_006.jpg

このアマゴを筆頭にこの小堰堤で4匹追加。まぐれ炸裂!

090410_007.jpg

小堰堤を越すと、反応がなくなりました。なんだろな~。

その後本流筋に戻り、本日は終了~。

暑い1日でしたが、日に日に渓が活気づいていく感じがして
気持ちのよい時間を過ごせました。
フライをなくした分また巻かなきゃな~。

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : アマゴ イワナ 山梨県

春のフライフィッシング ~千曲川本流~ きびしい~!編

4月に入り千曲川の渓魚もだいぶ活気づいているのでは?
と勝手に思い込み、WAKAさんと一緒に行ってまいりました。

090404_02.jpg

とりあえず、お気に入りの場所に10時近くに到着。
今日も人が各ポイント毎にいます。

風が吹くたびに
「さむ~!!!」を連発する状態。

気温は6度、水温は9度。

目だったハッチは見えず、と近くのポイントに入っていた
餌つり師がいきなり40cmくらいのイワナを釣り上げて
いました。無論お持ち帰りのようです・・・。

岸際でライズを発見!二人で狙いますがあえなく撃沈。
この間ガガンボはかなりハッチしていましたが
呼応するライズはあまり無かったように見えました。
WAKAさんがすかさずニンフに切り替え良型をGET。

090404_03.jpg

13時を過ぎるとコカゲロウのハッチが始まり・・・。
ところどころライズが!

090404_01.jpg

CDCダン16番にて、
ふう~。ボウズ回避。(撮影:WAKAさん)ありがと~。

090404_06.jpg

しかし20分ほどでそのライズも沈黙・・・・。

散発ながらよくわからないライズがあり、
なんとか↓

090404_05.jpg

永遠とも思えるすっぽ抜けを繰り返すうちに
時刻は14時をまわり、なんと雨が降ってきました。(予報どおりか~)
寒さも風も増してきました。

とりあえず切り上げ、支流の状態を雨の中、チェックしながら
ゆるゆると帰途へ。

4月中にもう一度千曲川に行きたくなりました。

※未確認ですが、ある釣り人の方の話だと本流には
まだ放流しておらず支流のみとか。 う~む。 

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング 千曲川 イワナ

プロフィール

BLUE SWAN

Author:BLUE SWAN
フライフィッシングDAYSへ
ようこそ!

フライフィッシングでイワナや
ヤマメの釣行記を中心に掲載
しています。
神奈川県、山梨県、長野県の
フィールドへよく行きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。