スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憂鬱な南アルプスの渓流

さて、今シーズンも残すところ3週間あまり・・・。
なんだかブルーになりますな。

最近調子があまりあがらないですが、
南アルプスの渓流へ。

入渓点では珍しく2人だけ、が相変わらず
テント泊者2名あり・・・。

水量はやはり減水気味。
スレ気味を考慮して16番のソラックステレストリアルを
選択しいざ!

160910_001.jpg


って意気込んだけど、まったく反応がない、ライズもないし
走る魚影もない・・・。
もうこの区間は厳しいかも。
いつも9寸クラスが浮いてるポイントも何もない。

ないないづくしで午前中が過ぎていく・・・・。
帰るか~、いや、もうひと流しでとか言いつつ
悶々としながらやっとイワナさん。

160910_002.jpg

しかしスレ具合最高潮のた出方だったな~。

また、静かな時が過ぎてること小1時間

とあるポイントで浮いてる良型を発見。
慎重にキャストしなんとかフッキング
そしてランディングしようと浅瀬に誘導したときでした。
岩陰から何やら小さいものが飛び出しイワナに飛びつきます。

えっ!
なんと川ネズミさんが横取りに参上・・・(笑)
ネットに素早く取り込んでもまだ抱きつきひっぱてる。
仕方なく手を濡らしイワナを掴み引っ張ると
やっと退散。(笑)

でそれがこのイワナさん。

160910_003.jpg

泣尺です。
川ネズミさんはこの半分もない体長なのに小さい手で
むんずとつかんでいました。(写真撮りたかったな~)
ただ、食料を奪ってしまったような感じで
ちょっと悪い気が・・・。

その後もあまり状況は変わらず
この7寸ちょい越えサイズが数匹。

160910_004.jpg

意気消沈して脱渓。

さて、ちょっとドキっとした問題はここから

帰りの峠道を運転中に、右カーブの入り口ストレートで
何故か真正面からヘッドライトが!
経験したことない急ブレーキをかけながら
ガードレール寸前までハンドルを切ります。
対向車もギリで自分のレーンへ戻り
なんとか避けましたが、勘弁してくれ~! 

しばらく呆然としてから、
あっ
きっと川ネズミの呪いだと思い、
助かったのはイワナの恩返しだ。
と思うことに(笑)。

車の逆走だけはやめてほしい。
と思う今日この頃です。

スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング イワナ

なんだか渋い南アルプスの渓流

さて、今回も
ゆっくりと9時過ぎに南アルプスの渓銀座区間に入渓。
水温は14度と風強し。水量は減水気味。

160826_001.jpg

16番のテレストリアルソラックス系フライを選択して
いざ!

まあ、今日は反応がない。前回良かった大岩周りも
沈黙・・・・。

1時間たってやっと。

160826_002.jpg

8寸弱のイワナさん、神経質に出ました。

その後は

160826_003.jpg

こんなポイントで1匹バラシてから
次に
160826_004.jpg

引きは尺かな?と思いましたが9寸ちょい越えイワナさん。ありがたや~。

その後は浅いポインドで走られたりと厳しい。

大場所で浮いてるイワナさんはフライ落とすと逃げてる(笑)。

今日はあまりご機嫌がよくないようです。
少し休憩をしてから
再度釣り上がります。

160826_005.jpg

7寸クラスが2匹遊んでくれたあと、また沈黙。

がここで前方に釣り人発見、まあ仕方ない。

少し時間をつぶしていると、降りてくる釣り人。
状況を聞くと前300メートル先位に合計4人とか・・・。
反応もほとんどないとか。
確かにどのポイントも今日は本当に反応は薄い。

仕方なく、しばらくぼーっとポイントを見てると、あれ、いた!

160826_006.jpg

巻きのポイントでなんとか良いサイズが出てくれました。

がこの後は、な~んもなし!。

本日はこれにて納竿。

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング イワナ 南アルプス

真夏の南アルプスの渓流 混んでます。

お盆近くの夏季休暇。
やはり混み具合が気になりますが
とりあえず、南アルプスの渓流へ。

軽い渋滞を抜け、なんとかたどり着くと
車止めには私のみ・・・、あれ?

と思うのもつかの間、入渓点には
6人の先行者・・・・!

まあこの時期ですからとあきらめ半分で
お話合いの上少し歩いて10時位からスタート。
フライは16番のテレストリアルを選択。

水温は14度、かなりの渇水、
風やや強し、日差しが痛いです。

160812_001.jpg

夏ですな~。

入渓点から1級ポイントは反応ありません。
竿抜けぽっいところから6寸イワナさんが数匹
遊んでくれました。

まあなんとか変なポイントで

160812_002.jpg

泣き尺イワナさんが出てくれました。浅いポイントだったな~。

これ以降はあまり反応がなく我慢の時間が小1時間。

と少し休んでいると、脇を若いテンカラ師が何も言わずに
通過し、10メートル先に入りロッドを振り始めます・・・。
いくらなんでもそれは無いだろう・・・。

最近この手の人間によく会うようになった気がします。
最低限のマナーとか暗黙のルールとかあるかと思うのだけど。
さすがに一言申し上げもっと歩いてから入ってもらいます。

仕方なく時間を少しつぶしてから釣り上がり開始です。

まあポツポツと

160812_003.jpg

このサイズがたまに釣れてくれます。

160812_004.jpg

流れからもたまに

160812_005.jpg

アベレージは7寸位ですね。

やっとぷかぷかと浮いてるイワナさんを見つけ、
まずは手前の7寸を釣り上げてから
慎重にキャストにし・・・・

160812_006.jpg

久々の尺イワナさん、ありがたや~。

さらに奥にもう1匹いましたが、バラシです~。
暑さもあって、集中力が切れて本日はこれにて終了。



テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング イワナ 南アルプス

南アルプスの渓流 銀座区間に行ってみた。

久々に平日釣行。
ちょっとゆっくりと釣り上がろうと銀座区間へ。
いや~、金曜日は平日じゃないですな(笑)。

少し歩いてから入渓しようかと思いましたが
我慢できずに。

160805_001.jpg

天気は雲が少し多いけど夏の空。

もう少し渇水気味かと思っていましたが
平水に近いような。

すでに新しい足跡はくっきりとありますが
入渓して10分。
スレた出方で

160805_002.jpg

イワナさんこんにちは~。7寸弱位かな。

160805_003.jpg

大場所は案の定無反応が続きますが
このポイントでは日陰で連続HIT。

160805_004.jpg

まあ一番大きくても8寸弱サイズのイワナさん。
ライズもとれてついつい長居を。

さてと釣り上がりますが、このころから急に曇りはじめ
気温も低下しはじます。

何故か100メートルほどまったく釣れずに
注意力が切れたときに
たぶん10年以上ぶりの沈!(笑)。冷たい・・・。

河原でウェーダーを脱いで乾かしていると
小雨が・・・(笑)

急いで着はじめると、ポツポツからぽたぽた
そしてザーと大雨。やれやれですな。

とりあえず林道側の河原に移動し、堰堤前でしばし雨宿り。
そんな中でライズする良いサイズのイワナを見つけ
ついキャストしますが、出たのは脇に隠れてた6寸さん(笑)。

雷は鳴らないので続行します。増水には注意しながらですね。

小雨から曇りに変わり
流れの中からまあなんとか

160805_005.jpg

良い引きで出方も良かった9寸越えのイワナさん。ありがたや~。

その後は

160805_006.jpg


上流から2人組の釣り人が降りてきて、状況を聞くと
そこそこ渋いと。
まあ仕方ないかな~、とのんびり釣り上がります

時間帯のせいかわかりませんが
それでもこれぐらいのイワナさんが、いっぱい遊んでくれて
お約束のようにでかそうなのはバラシ(笑)。

初めて大場所で浮いてるイワナさんをなんとか

160805_007.jpg

9寸イワナさん こんにちは~。

その後は大場所は攻められすぎなのか、ほとんど反応なし。

時間も迫ってきて、相変わらず後ろ髪をひかれつつ
本日は終了~。

今シーズンもあと2か月。ラストスパートですな~。

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング イワナ 南アルプス

梅雨明けの信州の渓流

当初は野暮用が入りそうで予定して
なかったのですが、急遽空いてしまい
どうしようかと思っていたところ、

よっしぃーさんからご連絡いただき
今シーズン初釣行です。

当初予定していた地域の天気が思わしくなく
変更して、よっしぃーさんのお気に入りの渓へ

まあ、結構な林道を車でかなり走り、ついた先は
明るい森の中を流れる綺麗な渓でした。

まあ早朝というのもありますが、かなり涼しい。

160730_001.jpg

ここも渇水で、水量は半分くらいらしい。
水温は11度、気温は16度。

ではいざ!

反応がいきなりありましたが、フライの横で出てる(笑)。
かなりすれてますね。
よっしぃーさんが初イワナを釣り、
そのあとすぐに、

160730_003.jpg

ありがたや、6寸イワナさん。

しかしこの後が大苦戦で、1級ポイントは全滅。
反応もほとんどなく厳しい。

そんな中でもよっしぃーさんに8寸越えがHIT。
私はバラシ・・・(笑)

その後あまりの状況展開がないため、
早めに次の渓へ移動を決断。

相談の結果
私も好きな渓流の一つで、
アマゴとイワナ混成ですが
アマゴの渓というイメージの里川風のところへ。

うって変わって暑い!

水温を測ると20度近い・・・。
ところが、フライを流すと反応があります。
フッキングまで行かずもてあそばれながらも
なんとか

160730_004.jpg

アマゴさんこんにちは。

よっしぃーさんはイワナの良型をゲット。

その後少し分かれて各々釣り上がり
小型ながらもアマゴに数匹遊んでもらい
ヘロヘロのなりながら夕暮れに。

B 「よっしぃーさん、どうですか?」
よ 「アマゴ釣りたいな」
B 「えっ、イワナだけですか、今日?」
よ 「うん」

そこで区間をちょっと変えて一緒に釣り上がると

よ 「来た! イワナだ・・・。」
よ 「出た! イワナだ・・・・。」

私が流すと

B 「出た! アマゴです・・・。」

よ 「イワナだ・・・。」

まあ時間帯によるものもあると思いますが
面白い内容でした。(笑)。

二人ともかなり遊び疲れて本日は納竿。

よっしぃーさんお疲れさまでした~
また行きますよ~!!。

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング 長野県 イワナ アマゴ

プロフィール

BLUE SWAN

Author:BLUE SWAN
フライフィッシングDAYSへ
ようこそ!

フライフィッシングでイワナや
ヤマメの釣行記を中心に掲載
しています。
神奈川県、山梨県、長野県の
フィールドへよく行きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。