お山のきれいな渓流へ 渇水の渓

6月も半ばとなり梅雨入りしたものの
なかなかまとまった雨が降らず、やや心配です。

この日はよっしぃーさんと一緒にお気に入りの渓
に行ってまいりました。

天気は最高、水温も悪くない。暑いけど。

一発目の入渓点では直後に先行者を発見し、即座に変更。
準備してると降りてくる釣り人が・・・混んでます。

どうも先行者が、数名いるらしく、厳しいみたい。
水量も減水気味かな。

170617_001.jpg

と、思ってたら、よっしぃーさんがいきなり
綺麗なイワナをゲット。
その後
私も即座に反応があり

170617_002.jpg

そして、何故かポイントごとに、魚が出ます。

たまにはね~(笑)。

なんて話をしてたのは、ほんの数十メートルで
いきなり沈黙が。

こうなるとさっきまで気にならなかった暑さが・・・。

次、もう出なかったら、移動しようか、なんて話をすると
反応があったり、お子様イワナが釣れたりでずるずる。

結局、初志貫徹で釣り上がること3時間位でしょうか、

よっしぃーさんが尺をバシッと釣ってます。
この状況でさすがでんな~。

時折ライズにも遭遇し
私にも、時々7寸弱のイワナさんが遊んでくれます。

170617_003.jpg

そしてこのポイント

170617_006.jpg

本日は流れからは反応があまりなく、水深がありゆるいところ。
目を凝らすと、ちょっと浮いてるイワナさんを発見。

一投目でゆっくりと出てくれたのは

170617_005.jpg

9寸イワナさんありがとうございます。

その後も大きなプールで
二人で何匹のもライズに遭遇しましたが、
遠すぎて厳しかったり、
何を食べてるのかはっきりせずで
大苦戦。

でもライズ狙いでゆったりできたし、ツ抜けできたしで
楽しかった。

そして本流へイブニングを狙いに。

数匹がライズしてします。
やはりテンションがあがりますな~。

そしてさっそく魚をかけてるよっしぃーさん。

170617_007.jpg

私も、

170617_008.jpg

ここではこのサイズが合計5匹以上かけていい感じです。

そこからちょっと釣り上がります。

しかし釣り上がりには反応が薄く、6寸の1匹のみ。

再度戻り、水面を見てるとまだライズが!

何とか1匹取れて
既に周りは暗くなり、本日はこれにて納竿。

目いっぱい楽しみました。

よっしぃーさん、また、あのプールポイントへ行きましょう!
お疲れさまでした~。

スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング イワナ

丹沢の渓流 6月だけど暑い日

この日の天気予報では、暑くなる一日。
遠出も考えましたが、少し疲れ気味なので
比較的近い丹沢の渓流へ。

その代わり、いつもより早い7時30分くらいに入渓。
新緑も濃くなり、木々がきれいです。
盛期ですな~。

170610_001.jpg

監視員さんが来て、話をすると今日はまだ誰も入って
ないよとのこと。

とはいえ人も多い渓で、渇水なので16番のソラックスダンにて
釣り上がり開始。

早々に5寸位のヤマメさんが一つのポイントから連続4匹。
なるほど、行けるか。でもサイズがもう少し・・・ね(笑)。

170610_004.jpg


50メートルほど進むと急に反応がなくなり、
よく見ると先行者の足跡が・・・・。やれやれ。

まあ、後追いで行けることまで行きますかな。

170610_003.jpg

しかし何故かこのポイントでいないはずの

170610_002.jpg

イワナさんが。
やはり巻きからでした。

それ以降はやはりかなり小さい反応のみなので
一度脱渓し、再度入渓点より下流に入りなおします。

こちらは誰も入ってなかったらしく

170610_005.jpg

7寸弱ぐらいのヤマメさんが、ほぼポイントごとに。

大場所で

170610_006.jpg

8寸ヤマメさんが出てくれました。

ここで他の支流に転進。

こちらも渇水気味ながら反応がよく
このサイズが連続ヒット

170610_007.jpg

この支流らしい赤みがかかったヤマメさん。

170610_008.jpg

夕方にはライズも始まり、6寸さんを相手にフライサイズを
24番まで落としプールで数匹と楽しめました。

もう少し水が増えればさらにおもしろくなりそうです。

本日はこれにて納竿。

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング ヤマメ 丹沢

アマゴとイワナの渓

今回は単独にて、アマゴとヤマトイワナの渓に
行ってみました。
予報では暑くなる一日ということで久々に
1リットルの水分をもって、夏仕様です。

9時ごろ着きましたが車止めには数台止まっており、
まあ、のんびり行きますか。
てくてくとしばらく歩き、適当に入渓。

スレてることを予想し、16番のソラックスダンを選択。
何気なく気になったポイントに流したらいきなり
大きな魚が顔を出し、一瞬重い引きを味わうこと
2秒・・・外れました。
ボーゼン、予想してなかった。

気をとり直し
流れの早いところへフライを落とすと
アマゴさん
170603_001.jpg

初めはこんな感じで5~6寸位でよいのだけど(笑)。

その後は
小さなアマゴさんが数匹

170603_002.jpg

たまに

170603_003.jpg

7寸弱かなのあまごさん。

170603_004.jpg

やはり水通しの良いところにはついてますが
岸際の感じをみると減水気味かなとおもいました。

やっとイワナさんが、顔をだしはじめ

170603_005.jpg

その後は飽きない程度に

170603_006.jpg

サイズはあれですが綺麗な魚体です。

170603_007.jpg

日陰の巻きからフライを長く止めてると8寸位のも出始めて。

170603_008.jpg

期待が膨らみます。

ここで先行者らしい足跡を発見。しばし休憩します。
しかし暑いし、日差しもきつい。

170603_009.jpg

やはり反応は乏しく、でてもフッキングしない時がちょっと増えて

大場所でまたもや痛恨バラシ、2回(なにやってんだ~)。

次のポイントでなんとか。

170603_011.jpg

2連発で

170603_010.jpg

綺麗なヤマトイワナに会えました。

もう少し先に行きたかったですが、
そろそろ上がらないと、この時期の獣たちが・・・撤収です。

途中厳しい時間もありましたが、のんびりと楽しめました。
しかし大場所で外す病気が再発してるな~。

本日はこれにて納竿。

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング イワナ アマゴ

今年もお山の綺麗な渓流へ

さてこの時期になると行きたくなる渓流があります。
すごくイワナの魚影が濃いわけでもないのですが
(むろん私が釣れないだけですが・・・。 笑)

その綺麗さは個人的に3本の指に入るので
毎年何回かは訪れる渓です。

支流を堪能して夕方近くに本流もという
パターンです。

とわくわくして
9時ごろに車止めに着くと、尋常ではない駐車率。
どうも近くでイベントがあるらしく場所がない・・・。

仕方なく再度下りほかの場所にとめて
ちょっと歩くことに。

170527_001.jpg

でもその価値はある、この綺麗さ。
天気も良いし、涼しいしで良い感じです。
このポイントに着くまでに
レギュラーサイズのお子様イワナさんに数匹遊んでもらい、
活性はまずまずか。

水温は~、冷たい(笑)。

ただ、流れからはほとんど反応はなく、日陰の巻きが
中心です。

170527_002.jpg

7寸ない位かなの綺麗なイワナさん。

出方は神経質で、フッキングも皮一枚・・・。

同サイズに数匹遊んでもらい、午後になると
沈黙が。

たまには休憩をしてと日陰の岩に座り一服。

その後
大場所の反応はあまりなく小場所がそこそこ。

170527_003.jpg

渋いライズを見つけ40分ほど対戦しますが、
最後は20番のCDCダンでバラシ。

初の大場所で、ライズを見つけ一発でフッキングしましたが
バラシ。

正直この区間で、ここまで反応がよかったのは個人的には初めて。
ばらしまくったけど、ツ抜けもできたしなんだかうれしい。

珍しく誰にも会わなかったな~。

その後も6~7寸が数匹遊んでくれて一旦脱渓。

本流へ移動し、
ライズを待ちますが、虫っ気が全くない。
オオフタオカゲロウが急に出ましたが、これにライズはしない。

19時まで粘ると、やっと散発のライズが・・・。
もうフライ見えません(笑)。

というわけで、これにて納竿。

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング イワナ

バラシ祭りの渓流へ

さて、先週に。
以前たぶん大きいイワナの3連発バラシをした渓に
マテリアルさんと行ってきました。

諸事情が重なり、到着はお昼直前。
車止めスペースは何故か1台分ぽっかりと空いてます。
ツイてます。

見上げる空は真っ青で、気温も上昇中です。

まあ、時間も時間ですから、先行者覚悟で。

170520_001.jpg

と、いったものの本当に1級ポイントがお留守です。
居留守かもしれませんが(笑)。

なんとかプールでゆらゆらしてたイワナさんを
みつけ、テレストリアルを流しますが、無視され、
ソラックスダンに変更後なんとか。

170520_002.jpg

相変わらず写真が下手・・・。

途中渋い場所で浮いてる良型イワナを見つけ
マテリアルさんがきちんと釣り上げます。

小場所も、それなりにフライを丁寧において探りますが
反応はあまりよくなく、釣れても5寸位。

でも、うまく時間をあければ、釣りきられてない限り
でる可能性はある・・・と信じ3連発バラシのポイントへ到着。

170520_004_convert.jpg

なんと開きで下流でライズしてます。マテリアルさんが難なく仕留め
8寸イワナさん。
幸先いいです。

「前回のリベンジを!」とお声をいただき
プレッシャーが。(笑)。

メイフライが飛んでいるというので
フライをCDCソラックスダンに変更し、
いざ!

まずは岩盤の巻き、ぎりぎりへ流すこと3回。
フライが消えて合わせてみると、久々の重い引き。
なかなか上がらず、マテさんの援護で。

170520_005.jpg

32.5センチ イワナさん。

嬉しかったのでもうワンカット

170520_006.jpg

ふう~、ほっとした。

そして、あわがゆっくりと巻いてる次のポイントへ、フライを送ると
こんどは顔が見えました。

これまた引きが重く、走るのを強引に止めて
なんとかランディング

170520_007.jpg

ジャスト尺イワナさん。
突進力はこのイワナのほうが早くてちょっとビビりました。

さて、最後のリベンジポイントへ向かいます。

初めは魚影が見えてなかったので、ついてそうな岩盤えぐれを
狙ってフライを落としますが、まったく来ない。

少し落ち着いてみてると、どうも流れ出しの下を
スーと動いてるのが見えました。
結構でかいかも・・・。

フライをエルクへアカディスに変更し
2投目。

出た!
ところが先ほどと比べると引きが弱い・・・。

170520_008.jpg

9寸イワナさんでした。
とりあえず前回のリベンジは完了しました。

しかしクライマックスはここから。

ここでちょっと先で釣っていたマテリアルさんが戻ってきて
どうやら、推定尺がらみをばらしてしまったとのこと。

「このポイントで出たけど、見たやつはこんなもんじゃなかったな~」
と伝え、ぜひここを!と勧めます。

とりあえず写真をとってあげよう~と構えた瞬間

170520_0010_convert.jpg

すでに弓なりです。
また、なかなか上がってこず、マテさんも臨戦態勢です。
長い時間に思えましたが
あがってきたのは

170520_0011.jpg

40.5センチのイワナさん!!
胸鰭の大きさが見たことない大きさで、感動。

(写真がダメですみません)

二人ともしばらく大興奮です。
がっちりと握手。

本日はこれにて納竿。

帰りも
しばらくこの話題でもちきりで話題がほかのところへ行っても
このイワナの話に戻ってました(笑)。

夜勤明けにも関わらずお付き合いいただき
マテリアルさん、お疲れさまでした。

また行きましょう~。

テーマ : フライフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

タグ : フライフィッシング イワナ

プロフィール

BLUE SWAN

Author:BLUE SWAN
フライフィッシングDAYSへ
ようこそ!

フライフィッシングでイワナや
ヤマメの釣行記を中心に掲載
しています。
神奈川県、山梨県、長野県の
フィールドへよく行きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック